日本語・漢字教材の利用状況調査アンケート

九州大学附属図書館付設教材開発センターは、最先端のICTを活用した学習効果の高いデジタル教材の開発と提供により、教育の質の向上を目指しています。この度、九州大学留学生センター教員との連携のもと、学生の皆様に漢字教材(2017年度版)( http://contsrv.icer.kyushu-u.ac.jp/web/QKANJI201803/ )についてアンケート調査を実施させていただくこととなりました。この調査結果は、今後のよりよい教材開発と提供のために使用させていただくものです。主旨をご理解いただき、下記のアンケート調査にご協力下さい。なお、本調査データは、教材開発センターの活動以外の目的には使用せず、個人を特定できる形式でデータが公開されることはありません。

ICER(Innovation Center for Educational Resources) of Kyushu University aims to improve the educational efficiency by developing and providing e-learning materials using state-of-the-art ICT. This time, in collaboration with faculty member of International Student Center, ICER is conducting a questionnaire survey on Kanji educational material( http://contsrv.icer.kyushu-u.ac.jp/web/QKANJI201803/ ) to the students. The results of this survey will be used only for future better educational material development and providing. Please understand this gist and cooperate with the following questionnaire survey. Please note that this survey data will not be used for purposes other than the activities of ICER, and no data will be released in a format that can identify individuals.

【アンケート / Questionnaire 】
http://www.icer.kyushu-u.ac.jp/kanji_questionnaire_2018#overlay-context=...

tags: